テロリストが乗客を人質に電車内に立てこもった状況を想定して行われた緊急事態即応訓練。ブラジル陸軍が本番さながらの訓練を行った(16日、リオデジャネイロで)=松本剛撮影  【リオデジャネイロ=吉田健一】リオデジャネイロ五輪の開幕が8月5日に迫るブラジル・リオ市で16日、大規模な対テロ訓練が行われた。  軍や警察、情報機関などから約800人が参加。緊迫感あふれる様子で、テロを「鎮圧」した。  訓練は、馬術やホッケーなどの会場に近いデオドロ駅で実施。観客輸送の中心となる鉄道が、テロリスト2人に占拠された想定で行われた。軍のヘリコプターが兵士を降下させて犯人の注意をそらした隙に、列車伝いに近づいた特殊部隊が突入。「事件発生」から約1時間後に2人を「射殺」した。  フランス・ニースで起きたテロ事件を受け、ブラジル政府は五輪警備を強化している。