南仏ニースで、花火の見物客に突っ込んだトラックを調べる警察官ら(2016年7月15日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】フランス南部ニース(Nice)で革命記念日(Bastille Day)の花火の見物客にトラックが突っ込んだ事件の死者は、15日までに84人に上った。

 容疑者は、見物客の中を2キロにわたってトラックを走らせた後、警察官に射殺された。

 警察当局筋は同日、容疑者の身元について、フランス・チュニジア系の31歳の男と特定されたと述べた。トラックの中から容疑者の身分証が見つかっていた。

 当局者によると、容疑者は警察当局が察知していた人物だった。また、容疑者は警官に射殺され前、銃を数発発砲したという。

 フランスのマニュエル・バルス(Manuel Valls)首相は同日、16日から3日間、国を挙げて喪に服すことを宣言した。【翻訳編集】 AFPBB News