11月23日、爆発音がして不審物が見つかった靖国神社南側の公衆トイレ(右奥)=東京都千代田区

 東京・靖国神社の公衆トイレで爆発音がして不審物が見つかった事件で、建造物侵入容疑で逮捕された韓国人の全昶漢容疑者(27)が9日に再入国した際、預けた荷物から火薬とみられる砂状のものやタイマーのような装置が見つかっていたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。

 いずれも現場で見つかった時限式発火装置のような不審物と同様の材料で、警視庁公安部は、全容疑者が再度、靖国神社に爆発物を仕掛けようとした可能性があるとみて調べている。

 捜査関係者によると、全容疑者は韓国・金浦空港で預け、羽田空港で受け取る予定だったが、捜査員に任意同行されたため受け取れなかった。