靖国神社のトイレに残された不審物(写真:産経新聞)

 靖国神社(東京都千代田区)で爆発音がして不審物が発見された事件で、逮捕された韓国人の全昶漢(チョンチャンハン)容疑者(27)=建造物侵入容疑で逮捕=が爆発物の製造や材料を入手した経緯は依然分かっていない。残留物からは火薬とみられる成分が検出されたが、日本国内で全容疑者が材料を調達した形跡はない。全容疑者は再来日の際に爆発物の材料を持ち込んでいたことも判明し、捜査関係者は「部品として持ち込まれれば防ぐ手立てはない」と話す。

 全容疑者の1度目の来日は11月21日。その2日後の23日に靖国神社で爆発音事件が発生した。出入国の際には手荷物の検査があるため、「完成した爆発物を持ち込むのは相当難しいだろう」と捜査関係者は異口同音に話す。

 これまでの警視庁公安部の調べでは、現場となった靖国神社のトイレから、複数の爆発物の遺留品が見つかっている。穴が開いたトイレの屋根裏からは4本の金属製のパイプが見つかり、中には焼けた痕がある火薬とみられる固形物が詰まっていた。トイレの床には、時限式発火装置とみられる部品が散乱し、デジタル式タイマーや電池パックなどが見つかった。天井裏のパイプ、床のタイマーからはそれぞれリード線が延びており、当初は各部品が接続されていたもようだ。

 全容疑者は日本国内でホームセンターや量販店に立ち寄ってはおらず、大量の部品を購入した形跡はないという。乾電池にはハングルの注意書きがあったため、韓国から持ち込まれた可能性が高い。捜査関係者は「爆発物を完成した状態で運んだのならまだしも、部品のまま持ち込んでしまえば出入国の審査をすり抜ける可能性は十分にある」と指摘する。