東京・九段北の靖国神社の公衆トイレで爆発音がして不審物が見つかった事件は、一度は韓国に帰国していた韓国人の全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者(27)が羽田空港に再入国し、逮捕されるという意外な形で急展開した。容疑者は、韓国まで日本の記者が取材にやってきたことを再入国の理由に挙げている模様だ。

 だが、それほど騒がれているのであれば、日本に再入国すれば逮捕される可能性が高いことは明らか。にもかかわらず再入国に踏み切るという不可解な行動に、「誰かに(日本に)行かされた」といった様々な憶測が浮上している。

 事件は2015年11月23日に起きた。事件現場近くの防犯カメラに不審な男が映っており、分析の結果11月21日夜に日本に入国し、事件が起きた23日中に帰国したことが明らかになった。こういった情報をもとに、日本メディアは男の行方を追い、男への接触に成功する社もあった。

 日本テレビは12月8日、男が15年10月頃まで住んでいたという韓国中部の群山(クンサン)市のワンルームマンションを訪問した様子を放送。取材で男の携帯電話番号を入手したとして、電話に出た男は

  「(靖国神社には)ただ行っただけ。東京を見て回ろうと思った」

などと靖国神社に行ったことを認める内容の話をした。ただ、事件については「分からない」と関与を否定した。男が日本に再入国したのは放送翌日の12月9日のことだった。