警視庁麹町署に入る、韓国人の男を乗せた車両=9日午前11時15分ごろ

 東京都千代田区の靖国神社内の公衆トイレで爆発音がして不審物が見つかった事件で、警視庁公安部は9日、建造物侵入の疑いで、神社周辺の防犯カメラに写り、事件直後に帰国した韓国人の全昶漢容疑者(27)を逮捕した。

 捜査関係者によると、全容疑者は同日午前、空路で日本に入国。到着前に不審者を把握するシステムで動向を把握し、警視庁が羽田空港で任意同行した。不審物の鑑定も進めており、爆発物取締罰則違反の疑いも視野に事件の解明を進める。

 爆発音があったのは11月23日午前10時ごろ。南門近くのトイレの男性用個室で爆発音がし、床には韓国語が書かれた乾電池などがあった。