実に500日。執筆したコラム記事が「朴槿恵大統領への名誉毀損」にあたるとして起訴された産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長は、17か月にわたり法廷闘争を繰り広げた。昨年末ようやく無罪が確定したが、記者の仕事と朴政権との「500日戦争」を通じて韓国を“体感”した加藤氏は、慰安婦問題に関する日韓合意について懐疑的だ。そして、長く韓国を見てきた作家の井沢元彦氏も、「また蒸し返してくるのではないか」と懸念を示す。韓国に通じた2人が日韓関係の行方を語り合った。

井沢:このたびは本当に大変でしたね。長い間、お疲れ様でした。

 はじめに事件を整理させてください。韓国の大手紙・朝鮮日報がセウォル号沈没当日(2014年4月16日)、朴槿恵大統領が男性と会っていたという噂をもとに記事を掲載した。加藤さんはこの記事を引用してコラムを書いた。

 しかし検察が、朴大統領への名誉毀損で起訴したのは加藤さんだけです。発端である朝鮮日報はお咎めなし。まずそこが腑に落ちません。

加藤:朝鮮日報は朴政権と関係が近いから、検察としても切り分けたい思惑があったようです。もうひとつ、私のコラムを無断で韓国語に翻訳した「ニュースプロ」という媒体も同時に告発されました。これは海外メディアの朴政権批判のニュースを翻訳する韓国のネット媒体です。しかし一度家宅捜索をした後、捜査はうやむやになりました。

井沢:つまり「日本人が」韓国政府を非難するのはけしからんということですね。それはあからさまな差別です。