ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦を象徴する少女像=大澤文護撮影

 岸田文雄外相は4日の記者会見で、昨年12月の日韓外相会談での慰安婦問題に関する合意について「最終的かつ不可逆的な解決であると韓国政府の明確かつ十分な確約を得たと受け止めている」と述べ、最終決着したとの認識を改めて示した。

 岸田氏はまた、ソウルの日本大使館前にある慰安婦を象徴する少女像の移転については「今日までの日韓間のやりとりなどを踏まえて適切に移設されると認識している」と指摘し、両国の合意事項であるとの考えを再度強調した。韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は、外相会談後の共同記者発表で「適切に解決されるよう努力する」と述べるにとどめ、移転を明言していない。【小田中大】