安倍晋三政権は20日にも、日本と日本人を貶め続けている慰安婦に関する「河野洋平官房長官談話」の作成過程の検証結果を公表する。ずさんな聞き取り調査のまま、韓国の要請を受けて、日韓両政府が水面下で文言をすり合わせて発表したという談話の背景に関心が集まる。こうしたなか、河野氏が直後に山口市民会館で行う講演会が俄然注目されてきた。

 検証結果は20日、衆院予算委員会理事会に提出された後、公表される見通し。与野党が17日、合意した。

 韓国政府は、日本の地位を低下させる「ディスカウント・ジャパン運動」の根拠である河野談話の位置付けが変わることを恐れてか、結果公表を牽制している。同国外務省報道官は17日、「談話は日本側の自主的な調査と判断を基に、日本の立場を入れて発表された」などと語り、日本に責任を押し付けた。