17日、警備員らに囲まれながら、ソウル中央地裁に入る産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長(右から2人目)=宮崎健雄撮影

 【ソウル=井上宗典】韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の名誉を傷つけたとして名誉毀損(きそん)罪に問われた産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長(49)に対し、ソウル中央地裁は17日、無罪を言い渡した。

 朴氏が旅客船沈没事故当日、元側近と会っていたとのうわさを紹介した加藤氏のコラムについて、検察側は論告で「虚偽の事実だと認識しながら、朴大統領が既婚男性と男女関係にあったとの印象を与え、名誉を傷つけることが目的だった」などと主張し、懲役1年6月を求刑。これに対し、弁護側は日本の読者の関心に応えることが目的で「男女関係を指摘した記事ではなく、公共の利益のためだった」と主張していた。