ef81hokutosei.way-nifty.com > 列車事故

スイス南東部レーティッシュ鉄道で列車脱線

スイス南東部レーティッシュ鉄道で列車脱線

13日、スイス南東部で脱線し谷に滑落した車両=AP

 【ブリュッセル斎藤義彦】スイス南東部グラウビュンデン州ミシュタルで13日発生した地滑りによる列車事故で、日本人5人が重軽傷を負ったことが明らかになった。1人は腰に重傷を負っており、骨折しているか確認するため入院中。意識はあり命に別条はない。他の4人は打撲などの軽傷。

 在スイス日本大使館によると、負傷した日本人は横浜市在住の70歳代の男性と60歳代の妻▽オランダ在住の30歳代の夫婦と男児(4)。横浜市の70歳代の男性が重傷で、付き添いの妻とともに病院にいる。他の3人は既に退院した。

 5人は、谷に転落、樹木に止められて谷の斜面にとどまった1等車両に乗っていた。

 修正された警察発表によると、13日午後0時半(日本時間同7時半)ごろ、乗客約140人を乗せたレーティシュ鉄道の急行列車(駆動車1両、客車7両)が地滑りに巻き込まれ、駆動車の後の3両が脱線。一番前の1等車が谷の斜面に約10メートル落ちて樹木に止められた。11人が負傷し、うち5人が重傷。重傷者は日本人1人のほかはスイス人4人。

 警察は、7月の雨量が平均より多かったうえに、事故前も大雨が降り、地盤が緩んでいたのが地滑りの原因とみている。