ef81hokutosei.way-nifty.com > 列車事故

JR北海道・青函トンネル内で特急から発煙

JR北海道・青函トンネル内で特急から発煙

配線を覆う膜が焦げた特急「スーパー白鳥34号」の5号車床下のモーター=JR北海道提供

 青函トンネルで発生した特急スーパー白鳥34号(6両編成)の発煙事故で、JR北海道は4日、先頭から2両目(5号車)の台車にあるモーターに電気を送る配線3本に過電流が流れ、配線を覆うゴム製の膜が焦げたことが原因とみられると発表した。救助された乗客124人のうち、体調不良を訴えていた女性2人は命に別条はないという。

 スーパー白鳥34号は4日午前4時15分ごろ、新中小国信号場(青森県外ケ浜町)に自力走行し、国土交通省東北運輸局による目視点検を受けた後、JR北海道函館運輸所(函館市)に向かって出発。JR北は、発煙事故を起こした特急列車と同型の34両の緊急点検を始めた。

 JR北によると、焦げた配線(直径約30ミリ、膜の厚さ約5ミリ)は、パンタグラフからモーターの回転数を制御する「主変換装置」に電気を流しており、制御装置に異常があった可能性もあるという。