ef81hokutosei.way-nifty.com > 列車事故

スイス西部で列車が正面衝突 運転士1人死亡、乗客35人負傷

スイス西部で列車が正面衝突 運転士1人死亡、乗客35人負傷

スイス西部グランジュプレマルナン鉄道で起きた列車事故=2013年7月29日、AP

 【パリ宮川裕章】スイス西部グランジュプレマルナンの鉄道で29日午後7時ごろ、2列車が正面衝突し、運転士1人が死亡し、乗客35人が負傷、うち5人が重傷を負った。

 AFP通信などによると、衝突したのは現場から約38キロ南のローザンヌ発の列車とローザンヌへ向かう列車で、先頭車両が互いに食い込む形で大破した。重傷者はヘリコプターなどでローザンヌの病院に搬送された。列車には計46人が乗っており、運転士2人のうち1人の遺体が車両の残骸から発見された。在スイス日本大使館によると、日本人の負傷者はいない。

 仏フィガロ紙によると目撃者は「2列車がクラクションを大きく鳴らすのが聞こえた後、衝撃音がした」と証言している。地元捜査当局が事故原因の調査を開始した。