ef81hokutosei.way-nifty.com > 列車事故

JR九州・長崎線で、特急同士が正面衝突寸前で緊急停止

JR九州・長崎線で、特急同士が正面衝突寸前で緊急停止

車両が接近したポイント周辺を調べる調査官(中央)ら=佐賀県白石町で2015年5月23日、石井尚撮影

 佐賀県白石町のJR長崎線肥前竜王駅で2本の特急が正面衝突しそうになったトラブルで、国土交通省運輸安全委員会の鉄道事故調査官2人が23日、現地を調査した。

 調査官は、駅ホームの設備や線路脇の信号機、自動列車停止装置(ATS)、線路のポイントなどを確認。国交省職員やJR九州社員ら計14人も立ち会った。これに先立ち、調査官は福岡市博多区のJR九州本社で関係者から事情聴取した。24日も同社を調べる。

 楠元哲彦調査官は「今後知り得る情報を分析し、原因究明に努める」と語った。JR九州は運転士と輸送指令員との連絡ミスが原因としている。【石井尚】