ef81hokutosei.way-nifty.com > 列車事故

JR東日本・神田―秋葉原間で架線柱が倒壊、脱線事故の恐れも

JR東日本・神田―秋葉原間で架線柱が倒壊、脱線事故の恐れも

関東運輸局はJR東日本に対し、今回の山手線トラブルに対する警告書を発出した。写真は神田~秋葉原間の架道橋上に見える傾いた支柱。

国土交通省関東運輸局の越智政弘鉄道部長は4月12日、JR東日本の安全統括責任者である川野辺修鉄道事業本部長宛で、今回の山手線・京浜東北線トラブルに対する警告文書を発出した。

警告書によると、トラブルは4月12日6時10分頃、神田~秋葉原間で発生。京浜東北線の大宮方面行き北行列車の運転士が、同区間で電化柱が倒れているのを見つけ、運転指令に報告した。この影響で山手線と京浜東北線は同日15時30分頃まで運転を見合わせたが、けが人はなかった。

同区間では3月25日夜に架線設備の改良工事が行われている。4月10日夜には電柱の一部が傾いていることが確認されたため、4月13日夜に改修工事を行う予定だったという。JR東日本は「架線からの引張り荷重により電化柱が倒れたものと思われる」とし、詳細を調べている。

《レスポンス 草町義和》