ef81hokutosei.way-nifty.com > 列車事故

JR九州・長崎線で、特急同士が正面衝突寸前で緊急停止

JR九州・長崎線で、特急同士が正面衝突寸前で緊急停止

 JR長崎線肥前竜王駅に停車する特急かもめ20号(右)と約120メートルまで接近し、緊急停止した同19号=22日午後1時20分ごろ、佐賀県白石町

 22日午後0時20分ごろ、佐賀県白石町のJR長崎線肥前竜王駅で、下りの特急かもめ19号(博多発長崎行き)が本線から待避線に進入し、待避線に停車していた上りの特急かもめ20号(長崎発博多行き)の93メートル手前で手動の非常ブレーキをかけて緊急停止した。列車は向かい合わせになったが正面衝突を回避、列車の乗客計約230人にけがはなかった。

JR九州の松本喜代孝取締役安全推進部長は「お客さまに多大な迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます」と謝罪した。

 運輸安全委員会は22日、事故につながる恐れのあった重大インシデントと判断、鉄道事故調査官2人を現地に派遣した。