ef81hokutosei.way-nifty.com > 列車事故

JR川崎駅で京浜東北線回送電車が脱線・横転

JR川崎駅で京浜東北線回送電車が脱線・横転

脱線した京浜東北線の回送電車。横転した電車の左側に作業車両が見える=川崎市で2014年2月23日午前8時55分、本社ヘリから

 23日午前1時10分ごろ、川崎市のJR川崎駅構内で、北行き京浜東北線回送電車(10両編成)が、線路上に止まっていた軌陸型運搬機(軌陸車)と呼ばれる工事車両と衝突。先頭車両が横転し、2両目も脱線した。運転士(34)と車掌(25)の男性2人が頭などに軽傷。JR東日本によると、終電通過前の線路上に軌陸車が進入したのが原因とみられ、人為的ミスの可能性が高い。国土交通省運輸安全委員会が原因の調査を始め、神奈川県警幸(さいわい)署も業務上過失傷害容疑で調べている。

 JR東などによると、この回送電車は北行きの終電。時速約60キロで走行しており運転士が100~200メートル手前で軌陸車に気付いたが間に合わなかった。鉄建建設と大林組の共同企業体(JV)が終電通過後、信号を赤にし「工事区間に電車が入れなくする閉鎖」の措置を取ってから、同駅北口自由通路の新設工事に入る予定だった。JR東の調査に軌陸車の運転手(43)は「間違って閉鎖していない線に乗せた。外そうとしたが間に合わなかった」と話している。