ef81hokutosei.way-nifty.com > 列車事故

スペインで列車脱線転覆事故、速度超過が原因か

スペインで列車脱線転覆事故、速度超過が原因か

高速鉄道が脱線した事故現場=スペイン北西部ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステラ市で2013年7月25日、AP

 【パリ宮川裕章】24日午後8時40分(日本時間25日午前3時40分)ごろ、スペイン北西部ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステラ市の国鉄サンティアゴ・デ・コンポステラ駅付近で、マドリード発フェロル行きの高速鉄道アルビア号(13両編成、乗客218人、乗員4人)が脱線、州政府によると、78人が死亡、170人以上が負傷した。在スペイン日本大使館によると、日本人の負傷者の情報はない。

 スペインメディアは過去40年間で最悪の鉄道事故と伝え、列車が制限速度の2倍を超える時速200キロ前後でカーブに進入したと、運転ミスの可能性を報じている。

 現地メディアによると、事故現場はサンティアゴ・デ・コンポステラ駅手前約4キロのカーブで、制限速度は時速80キロ。列車は幾重にも折れ曲がった形で線路脇の防護壁付近で大破し、一部で出火した。