ef81hokutosei.way-nifty.com > 列車事故

脱線現場のポイント付近を調べる鉄道事故調査官

脱線現場のポイント付近を調べる鉄道事故調査官

 脱線現場のポイント付近を調べる鉄道事故調査官(手前左の2人)ら=21日午前6時54分、北海道七飯町

 北海道七飯町のJR大沼駅構内で起きた貨物列車の脱線で、脱線が始まったとみられる地点のレールの幅が広がっていることを21日、運輸安全委員会の鉄道事故調査官が確認した。赤坂幸広調査官によると、レールの幅が広がっていたのは貨物列車の17両の貨車のうち、9両目付近。広がった幅は明らかにしなかった。この付近はレールが傷ついていたことが既に分かっている。