ef81hokutosei.way-nifty.com > 列車事故

スペインで列車脱線転覆事故、速度超過が原因か

スペインで列車脱線転覆事故、速度超過が原因か

7月25日、スペイン北部のガリシア自治州サンティアゴ・デ・コンポステーラ郊外で起きた列車脱線事故は少なくとも77人が死亡し、131人が負傷。スペイン紙は、列車が急なカーブを制限速度の2倍以上の速度で走行していたと報じた(2013年 ロイター/Miguel Vidal)

[サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン) 25日 ロイター] - スペイン北部のガリシア自治州サンティアゴ・デ・コンポステーラ郊外で24日、247人が乗った列車が脱線し、少なくとも77人が死亡、131人が負傷した。

スペイン政府は事故とみて調査を進めており、現場では車内に閉じ込められた乗客らの救出作業が行われている。同市はキリスト教の聖地として知られ、事故は聖ヤコブの祝日の前日に起きた。