ef81hokutosei.way-nifty.com > 列車事故

JR東日本・神田―秋葉原間で架線柱が倒壊、山手・京浜東北線の運転見合わせ

JR東日本・神田―秋葉原間で架線柱が倒壊、山手・京浜東北線の運転見合わせ

秋葉原~神田駅間で倒れた、架線を支える柱。山手線全線と京浜東北根岸線・東十条~蒲田駅間は運転を見合わせとなった=12日午前、東京都千代田区神田須田町(宮川浩和撮影)(写真:産経新聞)

 JR山手線神田-秋葉原間で12日早朝に架線の支柱が倒れ、蒲田-東十条間で運転を見合わせている京浜東北線について、JR東日本は復旧作業で電気を一時止めるため、運転見合わせ区間を蒲田-大宮間に延長した。山手線は池袋~田町間の新宿回りのみ、運行本数を減らして折り返し運転をしている。全線復旧は午後3時ごろの見込み。

 JR東日本によると、支柱は高さ約7メートル、直径約20センチの鋼鉄製。山手線の内回りと外回りの線路間に設置されていたが、老朽化して現在は使われていなかった。対になっていた2本が線路に沿って根本から倒れ、別の2本も傾いたという。今回の事故によるけが人はいない。