ef81hokutosei.way-nifty.com > 列車事故

JR東日本・神田―秋葉原間で架線柱が倒壊、脱線事故の恐れも

JR東日本・神田―秋葉原間で架線柱が倒壊、脱線事故の恐れも

秋葉原~神田駅間で架線を支える柱が倒れて線路を支障しているため、山手線全線と京浜東北根岸線・東十条~蒲田駅間は運転を見合わせとなった=4月12日午前、東京都千代田区神田須田町(宮川浩和撮影)(写真:産経新聞)

 12日午前6時10分ごろ、東京都千代田区のJR山手線神田-秋葉原間で、架線の支柱(高さ7メートル、直径20センチ)が線路上に倒れているのを、併走する京浜東北線の運転士が見つけた。JR東日本は山手線と京浜東北線の全線で一時運転を見合わせ、全線での運転再開に9時間以上かかった。同社は10日に支柱が傾いているのを確認していたが、13日に補修する予定だった。

 同社によると、3月25日から実施していた支柱の改良工事で強度が落ち、架線の張力(約5トン)で倒れた可能性が高い。同社は「支柱と車両が接触すれば脱線などの危険性もあった」と話し、大惨事につながる恐れもあった。

 京浜東北線は午後3時半、山手線は午後3時48分に全線で運転を再開。両路線の計715本が運休するなどし、約41万人に影響が出た。13日は始発から通常運転の予定。