ef81hokutosei.way-nifty.com > 列車事故

JR江差線札苅駅構内で貨物列車脱線 北海道木古内町

JR江差線札苅駅構内で貨物列車脱線 北海道木古内町

脱線した貨物列車の車両(手前、22日午前7時26分、北海道木古内町の札苅駅で)=土田浩平撮影

 22日午前4時15分頃、北海道木古内町札苅(さつかり)のJR江差線札苅駅構内で、JR貨物の札幌貨物ターミナル発宇都宮貨物ターミナル行き貨物列車(20両編成)が脱線した。

 この影響で、JR北海道は五稜郭―津軽今別間で列車の運転を見合わせており、復旧のめどはたっていない。

 JR北の発表によると、非常ブレーキがかかったことに男性運転士が気づいたといい、19両目と20両目を結ぶ連結器が外れ、19両目の車輪の一部が脱輪していた。この脱線によるけが人は出ていない。JR北は午前9時10分現在で、函館と新青森を結ぶ特急「スーパー白鳥」や、大阪発札幌行きの「トワイライトエクスプレス」など寝台特急を含む計29本の運休を決めた。