ef81hokutosei.way-nifty.com > 列車事故

JR北海道・青函トンネル内で特急から発煙

JR北海道・青函トンネル内で特急から発煙

 JR北海道の函館運輸所に向かう、スーパー白鳥34号の列車=4日、北海道函館市

 北海道と青森県を結ぶ青函トンネルで起きた特急発煙で、JR北海道は4日、トンネル経由で列車(6両編成)を北海道側の車両整備拠点「函館運輸所」(函館市)に移し、同日午前の目視点検の結果なども踏まえ、詳しい原因調査を始めた。整備ミスがなかったかどうかも検証する。

 JR北海道によると、発煙は5号車床下の3本の配線に過電流が生じて被膜が焦げたのが原因とみられ、モーターの回転数を制御する装置に異常があった可能性がある。

 国土交通省北海道運輸局も調査状況を確認するため、担当者2人を函館運輸所に派遣した。