ef81hokutosei.way-nifty.com > 列車事故

東海道新幹線の車内で乗客が油をまいて放火、2人死亡 焼身自殺の疑い

東海道新幹線の車内で乗客が油をまいて放火、2人死亡 焼身自殺の疑い

火災が発生し、緊急停止した東海道新幹線「のぞみ225号」。乗客の男性の焼け焦げたバッグ=30日午後、神奈川県小田原市(松本健吾撮影)(写真:産経新聞)

 東海道新幹線下り「のぞみ225号」(東京発新大阪行き)で、男が火を付けた火災が発生し、男が死亡。煙に巻き込まれたとみられる50~60代の女性も死亡した。

 捜査関係者によると、男は所持品などから東京都杉並区の71歳とみられる。県警は死亡した2人の身元確認を急ぐとともに、男が焼身自殺を図ったとみて、現住建造物等放火の疑いで捜査している。

 小田原市消防本部によると、ほかに26人が重軽傷を負った。いずれも命に別条はない。新幹線の車内で起きた事件や事故としては過去最悪の被害。首相官邸は同日、危機管理センターに情報連絡室を設置した。

 県警などによると、男は1号車の前方通路でポリタンクの液体をかぶり、自らライターで火を付けたという。運転士が火災に気付き、消火器で鎮火した。亡くなった女性は1号車と2号車の間のデッキに倒れていた。目立った外傷はなく、県警は逃げ遅れて煙に巻き込まれた可能性が高いとみている。

 県警などによると、車内には乗客約830人がおり、火災発生後に後方の車両へ移動。消火後、225号は小田原駅へ向かい、乗客は下車した。運転士も煙を吸い、緊急停止した現場から救急搬送されたため、小田原駅までの運転は免許を持つ車掌が担当した。