ef81hokutosei.way-nifty.com > 列車事故

東北新幹線、軌道パッドの金属板が当たり窓ガラスにひび

東北新幹線、軌道パッドの金属板が当たり窓ガラスにひび

 ひびが入った東北新幹線はやぶさ19号の窓ガラス=9日(JR東日本提供)

 9日午後1時半ごろ、東京発新青森・秋田行き東北新幹線はやぶさ・こまち19号が、郡山―福島間のトンネルを走行中、6号車の窓ガラスにひびが入った。付近に座っていた乗客にけがはなかった。JR東日本は、原因を調べている。

 JR東によると、窓ガラスは縦約54センチ、横約63センチ、厚さ約1・8センチの4層構造で、外側の2層にクモの巣状のひびが入った。客室への飛散はなかった。

 はやぶさ19号は、仙台駅に到着後、係員により窓ガラスの外側を粘着テープで貼る応急措置が取られた。