ef81hokutosei.way-nifty.com > 列車事故

JR山陽新幹線、走行中に部品脱落して車体に衝突 乗客女性けが

JR山陽新幹線、走行中に部品脱落して車体に衝突 乗客女性けが

 山陽新幹線さくら561号の脱落したカバーがぶつかったとみられる複数の傷=9日午後、福岡県那珂川町の博多総合車両所

 福岡県で山陽新幹線の車両カバーが脱落して停電、女性がけがをした事故で、運輸安全委員会の鉄道事故調査官2人が10日午後、事故車両がある福岡県那珂川町の博多総合車両所に到着した。車両の調査や関係者の聞き取りを実施し、原因究明を進める。11日も調査する予定。

 国土交通省は同日、新幹線を運行するJR各社に、問題となった車両カバーのボルトが固定されているか点検するよう指示したと明らかにした。