ef81hokutosei.way-nifty.com > 列車事故

東海道新幹線の車内で乗客が油をまいて放火、2人死亡 焼身自殺の疑い

東海道新幹線の車内で乗客が油をまいて放火、2人死亡 焼身自殺の疑い

線路上で停止した東海道新幹線のぞみ225号の先頭車両(30日午後0時22分、神奈川県小田原市で、読売ヘリから)=秋月正樹撮影

 30日午前11時30分頃、神奈川県小田原市付近を走っていた東京発新大阪行き東海道新幹線「のぞみ225号」(16両編成)で車内の非常ブザーが押され、緊急停止した。

 JR東海や神奈川県警などによると、1号車の先頭のデッキで乗客が油をかぶったとの情報があり、男性1人が死亡、女性1人が心肺停止となっているという。総務省消防庁によると、このほかに男女の重傷者が2人、軽傷者が約20人出ているという。小田原署が状況把握を進めるとともに原因を調べている。このトラブルでJR東海は、新横浜―小田原間の上下線で運行を見合わせている。午後1時現在、運転再開時間は未定。

 国土交通省などによると、1号車の運転席のすぐ後ろのデッキで1人が、火に包まれ、油まみれの状態で倒れており、運転士が消火した。1号車の後方にはトイレがあり、その前でもう1人が倒れていた。

 トイレで爆発音がして、トイレの非常ブザーが押され、それを聞いて運転士が緊急停止した。この新幹線には乗客約1000人が乗っており、乗客は、4号車から後ろの車両に避難している。