沖縄県・尖閣諸島周辺の日本の領海に侵入した台湾漁船(右)に放水する海上保安庁の巡視船(左下)。さらにその巡視船に放水する台湾の公船(左上)=沖縄県・尖閣諸島魚釣島の西沖約6キロで2012年9月25日午前10時2分、本社機「希望」から撮影

 25日午前6時、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の魚釣島西南西の領海外側接続水域で、約50隻の台湾の漁船団が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。漁船団は台湾の旗を掲げており、台湾の海保に当たる海岸巡防署の巡視船約10隻が付近を航行しているのも確認した。このうち漁船数十隻と巡視船8隻は午前7時40分から同8時45分ごろにかけて領海に侵入。同9時現在、台湾の漁船の約40隻は領海内、約10隻が接続水域を航行している。