香港の活動家らが尖閣諸島・魚釣島に上陸した事件に関連して、海上保安庁が上陸などの様子を撮影したビデオ映像を公開した。魚釣島の目前に迫る活動家らの船舶(中央)と、進路を阻む巡視船=8月15日、沖縄県石垣市の尖閣諸島魚釣島周(写真:産経新聞)

 香港の活動家らによる尖閣諸島・魚釣島(沖縄県)への不法上陸事件で、海上保安庁は27日、活動家らが上陸する過程を撮影したビデオ映像を公開した。世論の声に配慮したとしているが、逮捕の状況など一部は非公開扱いにした。

 映像は、接続水域前の抗議船航行から上陸に至る約7時間を約30分間に編集。放水などで上陸阻止を図る巡視船に活動家らが2度れんがを投げ入れて抵抗する様子や抗議船を巡視船2隻で挟み込んで停船させる様子などが記録されていた。ただ、れんがの投擲(とうてき)場面も被害を受けた巡視船とは別の船から撮影した遠巻きの映像だった。