中国公船の尖閣諸島周辺海域の航路図

 沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に14日朝に侵入した中国国家海洋局の海洋監視船「海監」6隻は、同日午後1時20分ごろまでに領海を出た。午後2時40分ごろには領海外の接続水域も出たが、海上保安庁は周辺海域の警戒を続けている。

 海上保安庁によると、午前6時20分ごろから相次いで領海に侵入した6隻は領海への出入りを繰り返した。うち3隻は魚釣島に約4キロまで近づき、領海からの退去を求める同庁の巡視船に対し、日本語で「魚釣島は中国の領土。本船は正当業務を執行中」と無線で応答してきたという。