日中韓台の防空識別圏

 中国が東シナ海に設定した防空識別圏を巡って対立を深める日中に対し、台湾の馬英九総統は5日、毎日新聞との会見で、対話による平和的解決を呼びかけた。馬政権は対中融和路線により中台関係を改善させる中、中国への刺激を避けつつ、一方で台湾にとって最大の後ろ盾である米国や「特別なパートナー」と位置づける日本とのはざまで難しいかじ取りを迫られている。【台北・米村耕一、鈴木玲子】

 「中国に我々の厳正な立場を伝えた。設定は両岸(中台)関係発展の助けにならない」。こう述べた馬総統だが、中国に「抗議」の形は取っておらず、中国に対する強い配慮がうかがえる。台湾は米中の2大国を前に微妙な立場にある。日本政府は米韓とともに台湾にも連携を呼びかけたが、台湾側は応じる姿勢は示していない。これを見越したかのように中国は「中華民族の根本的利益を守ることは両岸同胞の共同責任だ」と呼びかけ、台湾の取り込みを狙う。一方、馬政権の慎重姿勢に野党・民進党は「弱腰だ」と批判。日米韓と連携し、中国に抗議するよう訴える。