沖縄県・尖閣諸島魚釣島の南を飛行し領空侵犯した中国の国家海洋局所属の航空機=13日午前11時すぎ(海上保安庁提供)

 13日午前11時6分ごろ、尖閣諸島魚釣島の南約15キロの領空で、中国の国家海洋局所属の航空機1機が領空侵犯しているのを海上保安庁が確認した。防衛省によると、1958年の集計開始後、中国機の領空侵犯は初。航空自衛隊のF15戦闘機8機などが緊急発進したが、現場に到着した際には中国機は領空を出ていた。自衛隊レーダーは捕捉できなかった。外務省の河相事務次官は中国の韓志強・臨時代理大使を呼び厳重に抗議した。