魚釣島周辺の領空を飛行する中国国家海洋局所属の航空機=沖縄県・尖閣諸島で2012年12月13日午前11時6分ごろ、海上保安庁提供

 13日午前11時6分ごろ、沖縄県・尖閣諸島魚釣島の南15キロ付近で、中国国家海洋局所属の小型プロペラ機「Y12」1機が領空侵犯しているのを海上保安庁の巡視船「いしがき」が発見し、防衛省に通報した。航空自衛隊のF15戦闘機などが現場に急行したが、中国機は領空を出た後だった。中国による領空侵犯は初めてで、尖閣諸島を巡る日中両政府の緊張が高まるのは必至だ。