「頑張れ日本!全国行動委員会」 による中国尖閣侵略阻止デモが行われた =22日午後、港区 (大西正純撮影)(写真:産経新聞)

 沖縄・尖閣諸島周辺を中国公船などが航行している問題で、民間団体「頑張れ日本! 全国行動委員会」(田母神俊雄会長)などは22日、東京都港区で中国政府に抗議するデモ行進をした。警視庁によると約700人が参加、混乱はなかった。

 参加者は国旗やプラカードを手に約1キロを行進。「尖閣を守り抜くぞ」などとシュプレヒコールを上げた。

 茨城県から来たアルバイトの男性(25)は中国について「『嘘をつくな』の一言。歴史を捏造(ねつぞう)するのは許せない」と非難。

 初めてデモに参加したという横浜市の主婦(38)は「国を守る、という意思を日本政府から感じられず、いても立ってもいられなかった」と話していた。