沖縄県・尖閣諸島の魚釣島に上陸した件で記者会見する(左から)和田有一朗兵庫県議、鈴木章浩東京都議、東京都荒川区の小坂英二区議=28日午後、東京・有楽町の日本外国特派員協会

 今月19日に沖縄県・尖閣諸島の魚釣島に上陸した鈴木章浩東京都議(50)らが28日、都内の日本外国特派員協会で記者会見した。鈴木議員は「中国人の不法上陸者と、それに対する政府の対応が引き金だった。日本の誇りを守るため、やむにやまれず上陸した」と動機を語った。和田有一朗兵庫県議(47)は、「地元に戻ったら、『よくやった。ありがとう』と言われた。やったことは間違っていなかったと確信している」と述べた。