沖縄県・尖閣諸島魚釣島の南を飛行し領空侵犯した中国の国家海洋局所属の航空機=13日

 【ワシントン共同】中国の国家海洋局所属の航空機が沖縄県・尖閣諸島上空の領空を侵犯したことについて、米政府は中国政府に対し直接、「懸念」を表明した上で、尖閣諸島が日米安全保障条約の適用対象であることを伝えた。米国務省のベントレル報道部長が14日の記者会見で明らかにした。ヌランド報道官が13日の会見で、領空侵犯に対する「懸念」の表明を避けたことで、日本側からは不満の声が出ていた。