沖縄・尖閣諸島の手前から南小島、北小島、魚釣島(鈴木健児撮影)(写真:産経新聞)

 尖閣諸島(沖縄県)周辺海域では2日午前、前日に確認された中国公船6隻が展開を続けた。うち2隻は日本の接続水域内にとどまっており、海上保安庁は警戒を強めている。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、2日午前7時半現在、中国農業省漁業局所属の漁業監視船「漁政」2隻が尖閣諸島・南小島の南東約30キロの日本の接続水域を西南西に向け航行しているのが確認された。漁政は1日夜、接続水域に入り、とどまり続けているという。

 一方、1日昼すぎに確認された中国国家海洋局所属の海洋監視船「海監」4隻は同日夜、日本の接続水域を出たが、11管によると、依然として周辺海域に展開しているという。