外交部会・領土に関する特命委員会合同会議であいさつする谷垣禎一総裁。右は「領土に関する特命委員会」の石破茂委員長=16日午後、東京・永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影)(写真:産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は16日午後の党外交部会・領土に関する特命委員会合同会議で、香港の活動家が沖縄県・尖閣諸島に上陸したことについて「毅然(きぜん)たる態度で中国政府に抗議する必要がある。政府の対応に極めて問題があったのではないか」と政府の対応を批判した。

 また、韓国の李明博大統領の一連の言動にも触れ、「天皇陛下の訪韓をめぐって大変礼を失し、事実関係を無視した発言があった。極めて遺憾だ。今まで営々と努力してきた日韓関係を損なってしまう大きな危機感を持っている」と強い懸念を示した。