東京都の石原慎太郎知事

 東京都の石原慎太郎知事は31日の定例記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の購入を巡って野田佳彦首相と会談し、漁船の避難港(船だまり)の整備などを条件に国の購入を認める考えを伝えたと明らかにした。

 石原知事によると、会談は政府側の要請で19日に首相官邸で行われた。知事は「できるだけ早く、国も一緒になって所有し、国の責任で実効支配をやってくれ」と要望。その前提として「自衛隊を置けとは言わない。最低限、船だまりや無線の中継基地を造ってほしい。できれば灯台や有人の気象観測所も」と話した。その際は、14億円以上が集まっている都への寄付金を全額渡す意向も伝えたという。

 一方、政府は尖閣諸島を国有化し、現状のまま第三者の立ち入りを禁止して管理する方針を固めている。石原知事は野田首相から回答がないと説明したが、会見後、首相側から「週明けまで返事を待ってほしい」と連絡があったことを明らかにした。【佐々木洋】