事情聴取のため八重山署に向かう魚釣島に上陸した議員ら(20日午前10時51分、沖縄県石垣市で)=中司雅信撮影

 沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島に19日、東京都議や兵庫県議ら10人が上陸した問題で、沖縄県警は20日午前、政府の管理する土地に無許可で立ち入った軽犯罪法違反の疑いがあるとして、10人から事情聴取を始めた。

 政府はこれまで尖閣諸島への上陸を制限し、許可なく立ち入った場合は同法に抵触するとしてきた。しかし、過去の石垣市議らの上陸にも、県警が立件した例はなく、今回も処分などは行わない方針だ。

 10人は太平洋戦争末期に起きた疎開船遭難事件の洋上慰霊祭に参加していた。

 慰霊祭の参加者によると、19日朝の慰霊祭終了後、船から飛び込んで泳いで魚釣島に渡り、上陸後は島の灯台に日本国旗を掲げるなどして約1時間半滞在した。