【ソウル=中川孝之】韓国政府は中国の防空識別圏(ADIZ)設定に対抗し、自国の識別圏を拡大する方針を固めた。

 韓国政府当局者が3日明らかにした。韓国は中国の識別圏に、両国で管轄権を争う暗礁・離於島(イオド)(中国名・蘇岩礁)が含まれているため、中国側に「拡大を検討する」と通告していた。

 5日から訪韓するバイデン米副大統領に、拡大について理解を求めた後、正式発表するとみられる。当局者は、日米中など関係国に対し「拡大方針を十分に説明する」と述べた。韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外交相も今週の外遊予定を中止し、調整に当たってきた。

 離於島は日本の防空識別圏にも含まれており、韓国はこれまで、離於島上空を哨戒飛行する際は、日本側に事前通報する措置を取ってきた。韓国では、実際に拡大すれば、日本が島根県・竹島にまで識別圏を拡大する措置を取りかねないと警戒する声も上がっている。