ef81hokutosei.way-nifty.com > 尖閣諸島関連の写真・画像

尖閣の接続水域に中共支那海警が領海侵入繰り返す
尖閣の接続水域に中共支那海警が領海侵入繰り返す
尖閣の接続水域に中共海警局15隻と支那漁船300隻以上来襲 海警が領海侵入繰り返す
海保、尖閣諸島防衛強化に過去最大の補正予算案を計上する方針
尖閣の接続水域に中共海警局15隻と支那漁船300隻以上来襲 海警が領海侵入繰り返す
尖閣の接続水域に中共海警局15隻と支那漁船300隻以上来襲 海警が領海侵入繰り返す
尖閣の接続水域に中共海警局15隻と支那漁船300隻以上来襲 海警が領海侵入繰り返す
日本政府、尖閣諸島防衛強化 ミサイル開発へ
尖閣の接続水域に中共海警局15隻と支那漁船300隻以上来襲 海警が領海侵入繰り返す
尖閣沖で貨物船と衝突して支那漁船沈没 海保が救助、中共艦船救助せず 馬鹿がw
尖閣の接続水域に中共海警局15隻と支那漁船300隻以上来襲 海警が領海侵入繰り返す
外相、尖閣沖3日連続領海侵入 中共に抗議「断じて受け入れぬ」
岸田外相、尖閣領海侵入について支那大使を呼び抗議 即時退去要求
尖閣の接続水域に中共支那海警が領海侵入繰り返す
尖閣の接続水域に中共支那海警が領海侵入繰り返す
尖閣の接続水域に中共支那海警が領海侵入繰り返す
尖閣の接続水域に中共海警局15隻と支那漁船300隻以上来襲 海警が領海侵入繰り返す
尖閣の接続水域に中共海警局15隻と支那漁船300隻以上来襲 海警が領海侵入繰り返す
中共海軍艦艇が尖閣諸島沖の接続水域に侵入 「露を監視」口実
中共海軍艦艇が尖閣諸島沖の接続水域に侵入 日本政府、即座の抗議
中共海軍艦艇が尖閣諸島沖の接続水域に侵入
中共海軍艦艇が尖閣諸島沖の接続水域に侵入
中共海軍艦艇が尖閣諸島沖の接続水域に侵入
中共支那の軍艦が尖閣領海侵入なら自衛隊の艦船を派遣 政府、新方針を決定、支那に通告
「尖閣は日本領」中共1969年発行の地図 外務省、HPに掲載
尖閣諸島が日本固有の領土を示す「新証拠」中共製地図、外務省HPに掲載
清国、尖閣諸島を領土と認識せず 中共支那の「日清戦争で日本が強奪」明確に否定
毛沢東が「尖閣=日本領」にお墨付き これが決定的な新物証「中国製地図」
日・ASEAN首脳全体会議に臨む各国の首脳たち
日・ASEAN首脳全体会議 第1セッションに臨む各国の首脳たち
日・ASEAN首脳全体会議 中国脅威念頭「飛行の安全と自由」声明採択
日中韓の防空識別圏
日比防衛相、支那の防空識別圏に懸念の認識で一致
支那防空識別圏、アジア緊張高まる 越・豪も警戒
韓国、防空圏拡大週内にも 日本に対抗
台湾総統、米中のはざまで苦慮 中共防空識別圏「抗議」せず
台湾の馬英九総統、中共支那の防空圏拡大に反対
韓国の思惑、中国急接近の背景 米中主導権争いは“災害”に近い?
支那防空圏設定 緊迫の空自会議「武器使用は?」に沈黙
中共支那が強弁する「防空識別圏」
中国に対抗し韓国、防空圏拡大へ 日米中に説明
尖閣諸島
中共支那の防空識別圏は「張り子の虎」
オバマ政権、支那に屈服 民間機飛行計画の提出へ 民主党媚中外交の正体
オバマ政権、支那に屈服 民間機飛行計画の提出へ 民主党媚中外交の正体
オバマ政権、支那に屈服 民間機飛行計画の提出へ 民主党媚中外交の正体
小野防衛相、支那国防省の「防空識別圏」緊急発進発表を否定
自衛隊機が支那「防空識別圏」飛行 海保機も 菅長官「配慮しない」
海上自衛隊と米海軍、日米共同訓練 支那防空識別圏「影響ない」
ケネディ大使、対中共支那「緊密に連携」 菅官房長官に
支那の「防空識別圏」菅官房長官「自衛隊の航空機も従来通り飛行」
「張り子の虎」とコケにされた中共支那
日本の防空識別圏と中共支那が設定した「防空識別圏」
キャロライン・ケネディ大使、支那の行動批判
キャロライン・ケネディ駐日米大使「日本は最重要な同盟国」
キャロライン・ケネディ米大使が支那の防空識別圏を批判
キャロライン・ケネディ駐日米大使、支那の防空識別圏を非難
中共支那の主張する「防空識別圏」
中共支那の主張する「防空識別圏」
中共支那が尖閣上空に防空識別圏設定 日本政府は警戒を強める
中共支那が尖閣上空に防空識別圏設定
中共支那が尖閣上空に防空識別圏設定
米ヘーゲル国防長官、「現状の変更を試みるいかなる行為にも反対」
尖閣周辺、支那軍機40機超 8隻侵入時 新型大半「前代未聞の威嚇」
尖閣緊迫、日本漁船追い回す中共侵略船「ここまで侵され許せない」
海自艦へのレーダー照射、中共が指示 「砲身向け威嚇」も許可
尖閣・支那船侵入 安倍首相「靖国参拝は関係ない」
支那側に抗議 官房長官「極めて遺憾だ」
安倍首相、中共支那が尖閣に上陸すれば強制排除と語る
中共支那の尖閣周辺への領海侵入、最多8隻
尖閣沖、中共支那の海洋監視船8隻が領海侵入
支那のレーダー照射を隠蔽した売国奴のクソ野郎・野田佳彦
尖閣諸島のレーダーの態勢
尖閣上空を守ることになる空中警戒管制機AWACS
尖閣領空侵犯した支那国家海洋局所属の航空機
領空侵犯した支那機。宮古島のレーダーからは探知できなかった
支那航空機が初の領空侵犯、「空も自国領」誇示か
支那航空機、初の尖閣領空侵犯 日本政府が抗議
支那航空機が尖閣領空侵犯
尖閣諸島をめぐる主な動き
1953年1月8日付の人民日報の紙面。琉球諸島に尖閣諸島が含まれると表記
米国2空母群、西太平洋上に展開…中国の動きを警戒監視
海上保安庁の巡視船に挟まれて航行する、支那の領海侵犯船
尖閣諸島
海上保安庁の巡視船(奥)に放水する台湾の巡視船
尖閣周辺に領海侵犯の台湾の漁船と巡視船
台湾の漁船と巡視船領海侵犯
尖閣周辺の領海に侵入した台湾漁船と巡視船
海上保安庁の巡視船(奥)に放水する台湾の巡視船
海上保安庁の巡視船(手前)に放水する台湾の巡視船
尖閣周辺の領海を侵犯する台湾の漁船と巡視船
領海侵犯の台湾漁船に放水する海上保安庁の巡視船
尖閣諸島沖、支那の監視船3隻が領海侵入
「尖閣守れ」 都内で700人デモ
中国の大陸棚延伸に異議…日本「申請は不適正」
尖閣、支那の領海侵犯船11隻が接続水域に
中国大使館前で「尖閣」抗議活動
尖閣諸島魚釣島の周辺で警戒する海上保安庁の巡視船
支那の領海侵犯船
支那の領海侵犯船
尖閣諸島の魚釣島の周囲を警戒する海上保安庁の巡視船
新たに確認された支那の領海侵犯船の主な動き
外国の漁船(右)に接近する海上保安庁の巡視船
支那の領海侵犯船
海上保安庁の巡視船(手前)と支那の領海侵犯船
尖閣諸島の魚釣島
支那の領海侵犯船
支那の領海侵犯船の航路
石原慎太郎東京都知事
尖閣諸島
支那の領海侵犯船
支那の領海侵犯船
支那の領海侵犯船の航路
支那の領海侵犯船
尖閣諸島
尖閣諸島
尖閣諸島
石原慎太郎東京都知事
尖閣諸島
石原慎太郎東京都知事
尖閣をめぐる経過
山東昭子参院議員
石原慎太郎東京都知事
石原慎太郎東京都知事
石原慎太郎東京都知事
尖閣諸島
尖閣諸島
石原慎太郎東京都知事
石垣港で調査船「航洋丸」を下船する調査団
尖閣諸島
尖閣諸島周辺の水質などを調べる東京都の調査団
尖閣諸島周辺の水質などを調べる東京都の調査団
沿岸調査のため、尖閣諸島の魚釣島に接近するラバーボート
尖閣諸島に向かって石垣港から出港する都の調査船「航洋丸」
尖閣諸島の現地調査のために東京都がチャーターした調査船
尖閣諸島の購入に向けた現地調査のための東京都の調査船
東京都の尖閣諸島現地調査団が乗船する航洋丸
石原慎太郎東京都知事
石原慎太郎東京都知事
水陸両用強襲車
丹羽大使を乗せた公用車が中国籍の男に行く手を阻まれ日の丸を奪われる
尖閣諸島・魚釣島に上陸の都議らが記者会見
丹羽中国大使が乗った公用車が襲撃された
北京で丹羽大使の公用車が襲われ、男に日の丸を奪われた
丹羽大使の乗った車が襲撃され、国旗を奪われた現場
北京の日本大使館
尖閣不法上陸 海上保安庁がビデオ一部公開
尖閣不法上陸 海上保安庁がビデオ一部公開
尖閣諸島と日の丸
「隠すから疑われる」元海上保安官の一色正春氏
北京で丹羽大使の車襲われ、日の丸奪われる
尖閣諸島
尖閣不法上陸 海上保安庁がビデオ一部公開
丹羽宇一郎大使の車、日の丸奪われる
尖閣不法上陸 海上保安庁がビデオ一部公開
尖閣不法上陸 海上保安庁がビデオ一部公開
北京で丹羽大使の車襲われ、日本国旗持ち去られる
尖閣諸島
水陸両用車
尖閣諸島
石原慎太郎東京都知事
石原慎太郎東京都知事
山谷えり子参議院議員
尖閣諸島
石原慎太郎東京都知事
尖閣疎開船遭難事件の洋上慰霊祭
尖閣諸島
尖閣上陸で立件見送りへ
尖閣諸島
尖閣上陸議員ら10人聴取
尖閣諸島の魚釣島
慰霊祭で訪れた日本人10人が、尖閣諸島の魚釣島に上陸
慰霊祭で訪れた日本人10人が、尖閣諸島の魚釣島に上陸
魚釣島に都議ら10人一時上陸、国旗掲げる
慰霊祭で訪れた日本人10人が、尖閣諸島の魚釣島に上陸
超党派議員ら150人、尖閣・魚釣島沖に到着
尖閣遭難死没者慰霊祭
超党派議員ら150人、尖閣諸島での洋上慰霊祭へ
超党派議員ら150人、尖閣諸島での洋上慰霊祭へ
尖閣諸島
尖閣に不法上陸した中共支那の手先のゴロツキ
石原慎太郎東京都知事
中山義隆石垣市長
尖閣諸島の魚釣島
巡視船にえい航される不法上陸船
谷垣総裁「尖閣上陸、政府の対応に極めて問題」と批判
<尖閣逮捕>男5人を本格聴取へ
尖閣上陸で逮捕の香港活動家5人、那覇到着
尖閣諸島上陸ドキュメント
香港の不法上陸船
香港の不法上陸船
中共支那の手先、香港の不法上陸船
尖閣諸島の魚釣島
中共支那の手先、尖閣に不法上陸
尖閣諸島
尖閣に不法上陸する中共支那の手先の船
尖閣諸島
尖閣に不法上陸する中共支那の手先の船
尖閣諸島
売国奴・丹羽宇一郎
売国奴・丹羽宇一郎
売国奴・丹羽宇一郎
森本防衛相、東京都の尖閣上陸申請「許可に賛成」
栗原弘行氏
栗原弘行氏
尖閣諸島地権者の弟・栗原弘行氏
尖閣諸島
尖閣諸島
尖閣諸島
売国奴・丹羽宇一郎一時帰国
売国奴・丹羽宇一郎一時帰国
売国奴・丹羽宇一郎一時帰国
売国奴・丹羽宇一郎
尖閣諸島
尖閣諸島
尖閣諸島
尖閣諸島
尖閣諸島
石原慎太郎東京都知事
尖閣諸島
尖閣諸島
尖閣諸島
領海侵犯の台湾の遊漁船を追跡する海上保安庁の巡視艇
尖閣諸島実効支配の経緯
尖閣諸島
石原慎太郎東京都知事
東京都議有志・尖閣視察団の航路図
東京都議有志、尖閣諸島を海上から視察
売国奴・丹羽宇一郎
石原慎太郎東京都知事
尖閣諸島周辺海域で、集団漁業活動イベント
石原慎太郎東京都知事
石原慎太郎東京都知事
売国奴・丹羽宇一郎
売国奴・丹羽宇一郎
売国奴・丹羽宇一郎
売国奴・丹羽宇一郎
尖閣諸島
尖閣諸島
尖閣諸島購入寄付金推移
安倍晋三元首相
石原慎太郎東京都知事
石原慎太郎東京都知事
尖閣諸島
中山義隆石垣市長
中山義隆石垣市長
石原慎太郎東京都知事
石原慎太郎東京都知事
石原慎太郎東京都知事
石原慎太郎東京都知事

<< 前 | トップページ | 次 >>

尖閣の接続水域に中共海警局15隻と支那漁船300隻以上来襲 海警が領海侵入繰り返す

尖閣の接続水域に中共海警局15隻と支那漁船300隻以上来襲 海警が領海侵入繰り返す

尖閣沖に現れた中国公船 (提供:第11管区海上保安本部/AP/アフロ)

 2016年8月6日午前8時過ぎ、尖閣諸島の接続水域に中国海警局の巡視船6隻が侵入し、周辺海域に中国漁船約230隻が出現した。同日午後には、海警局の巡視船1隻が加わって7隻が接続水域に侵入し、8日に至って、海警局の巡視船及び他の公船の隻数は15隻、漁船の数は400隻にも上った。

 一体、これが、単なる漁業活動だと言えるだろうか? 日本政府の再三の抗議にも、中国は公船の活動を低下させるどころか、エスカレートさせている。後述するが、日本と中国は、互いに互いが自分をけん制していると考えているため、状況がより複雑になってしまっているのだ。

 今回の中国公船及び漁船の活動は、「軍事力ではなく法執行機関の船舶等を用いて尖閣諸島周辺海域における優勢を高め、日本の実効支配を崩す」という中国の戦略に沿ったものだ。しかし、これだけあからさまに日本を挑発するには、理由がなくてはならない。中国指導部は、「日本のことを不愉快に思っている」ということを示したのである。

 中国が不愉快に思うのは、日本が南シナ海問題への関与を強めていると考えるからだ。安倍政権の内閣改造も影響している可能性がある。日本が南シナ海問題から手を引くよう、東シナ海で緊張を高め、日本をけん制しているのだと言える。

「南シナ海問題において日本は無関係」 という中国の考え
 しかし、これは日本の見方である。中国は、「日本が中国をけん制している」と捉える。中国では、「中国が東シナ海における行動を鎮静化するよう、南シナ海における中国の行動を日本が繰り返し批判し、国際社会における中国の立場を悪化させることで、中国をけん制している」と考えられているのだ。

 そのため、中国は、「日本が南シナ海問題を利用して中国をけん制しても、中国は東シナ海における行動を抑えることなどない」ということを示そうとしている。尖閣諸島周辺に、中国海警局を始めとする法執行機関の巡視船と漁船を大量に送り込み、中国は尖閣諸島を実効支配でき、またその意思があることを示そうというのだ。

 中国は、「日本は南シナ海問題に全く無関係だ」と考えているということでもある。中国が南シナ海を領海化しようとするのは、米国が中国の発展を妨害するのを阻止するためである。中国は、米国の軍事攻撃を真剣に恐れている。

 南シナ海全体を中国のコントロール下におこうとすることで、周辺の東南アジア諸国と軋轢を生じていることは、中国も理解している。しかし、それは、中国にとってみれば、中国と当事者である東南アジアの国との間の領土紛争である。しかも、中国を防衛するために東南アジア諸国が「少々の」犠牲を払うことは「仕方がない」ことなのだ。

 そして、この中国のストーリーの中に、日本は出てこない。「無関係であるにもかかわらず、日本は米国の尻馬に乗って中国を叩いている」と考えるから、余計に日本に腹を立てるのだ。さらに、中国は、こうした日本の行動には、南シナ海問題以外に目的があるからだと考える。中国の認識では、その日本の目的が、尖閣諸島を巡る領有権争いにおいて、日本が有利に立つことなのである。

 つまり日本と中国は、双方とも、「相手が自分をけん制している」と考えている。そして、中国は、中国に対するけん制など効かないということを実力で証明しようとしているのだ。日本からすれば、それは中国の誤解である。日本は、南シナ海における状況に無関係な訳ではない。もちろん日本は、中国をけん制するために、南シナ海問題において中国に嫌がらせをしている訳でもない。単に、「国際的な問題を解決するのに軍事力等の暴力的手段を用いない」という最低限のルールを守って欲しいだけだ。

固定リンク