ef81hokutosei.way-nifty.com > 中央道笹子トンネル崩落

中央道トンネル崩落 「突然壁が崩れた」間一髪、難逃れる

中央道トンネル崩落 「突然壁が崩れた」間一髪、難逃れる

崩落事故があった中央道上り線の笹子トンネル入り口付近には、バス停と思われる場所に集まる人たち(下)。画面上はけが人を運ぶと思われるシート=山梨県甲州市で2012年12月2日午前10時56分、本社ヘリから

 山梨県大月市の笹子トンネルで起きた崩落事故。「突然壁が崩れた」「怖くてトンネルを通りたくない」。トンネル内で事故に遭った人は口々に恐怖を語った。

 甲府市古府中町の山本勉さん(66)は息子の運転で甲府から東京に向かっていた。目の前で崩落が起きたといい、間一髪で難を逃れた。「20メートルほど先で、左右から崩れるように壁が崩れ、砂ぼこりが舞った。トンネルの半分近くの高さまでがれきで埋まった。前を走っていた白色の乗用車がぺしゃんこになり、火が出た」と声を震わせた。すぐに車を降りて逃げ、1時間ほど歩いてトンネルを出た。何の兆候もなく突然崩れたといい、「一歩違えば巻き込まれていた。もう怖くてトンネルを通れない」と話した。