ef81hokutosei.way-nifty.com > 中央道笹子トンネル崩落

つり天井を撤去予定の全国のトンネル

つり天井を撤去予定の全国のトンネル

 山梨県の中央自動車道・笹子トンネルの天井板崩落事故を巡り、同じ「つり天井」の構造を持つ全国61本のトンネルのうち、3分の1の19本で、天井板の撤去が決まったり、撤去の検討が進められたりしていることがわかった。

 工事の多くは年末年始の混雑を避けて来年度以降に実施の見通し。残る3分の2のトンネルは、つり天井区間が長く、長期間の通行止めなどが必要で、撤去できないケースもあり、道路管理者は「つり金具」の増設や点検体制の強化などで安全性を高める方針だ。

 国土交通省などのまとめでは、つり天井構造のトンネル61本のうち、事故前から方針が決まっていたものを含め5本で天井板の全面撤去が決定。14本も撤去の方向で検討が進んでいる。いずれも、換気口確保のためや集じん機設置のための構造で、自動車の排ガス浄化が進んだ結果、現在では不要になっているという。