ef81hokutosei.way-nifty.com > 中央道笹子トンネル崩落

笹子トンネル アンカーボルト施工のイメージ

笹子トンネル アンカーボルト施工のイメージ

「笹子」ボルト強度不足、接着力低下は想定外

 昨年12月に山梨県の中央自動車道・笹子トンネル上り線で発生した天井板崩落事故で、原因調査の焦点は、巨大な天井板をつり下げる「アンカーボルト」に絞り込まれている。

 ボルトは特殊な接着剤で固定されていたが、国土交通省の調査では約6割が想定強度を下回っていた。各ボルトは施工時に均等量の接着剤が使用されており、同省では経年変化による固着力の低下を想定していなかった設計、保守管理の両面に問題があったとみて調べている。