ef81hokutosei.way-nifty.com > 中央道笹子トンネル崩落

中日本高速道路が事故後初めて公開した笹子トンネル上り線

中日本高速道路が事故後初めて公開した笹子トンネル上り線

中日本高速道路が事故後初めて公開した笹子トンネル上り線。入り口から240メートル付近では天井板の撤去作業が進んでいた =15日午後、山梨県甲州市(桐原正道撮影)(写真:産経新聞)

 中日本高速道路(名古屋市)は15日、天井板崩落事故が起きた山梨県の中央自動車道上り線の笹子(ささご)トンネル(全長4・8キロ)内を、事故後初めて報道陣に公開した。トンネル内では作業員が天井板の撤去作業を進めており、轟音(ごうおん)が響き、火花が散っていた。

 報道陣は甲府側入り口からトンネル内に進入した。取材が許可されたのは、すでに天井板が撤去されたトンネル入り口から240メートルの地点まで。その先では複数の作業員が、アンカーボルトでつるされた天井板の上に設けられた作業台で、コンクリートやアンカーボルトなどを切断していた。

 中日本高速は来月上旬までに上り線の天井板を撤去、換気用ジェットファンを設置した上で来月下旬の全面開通を目指している。