ef81hokutosei.way-nifty.com > 中央道笹子トンネル崩落

崩落した笹子トンネル内部

崩落した笹子トンネル内部

事故が起きたトンネルの内部=山梨県警提供

 山梨県大月市の中央自動車道・笹子(ささご)トンネルの崩落事故で国土交通省が中日本高速道路会社への立ち入り検査をせず、同社が設置する事故調査委員会に同省側の専門家を加える方向で検討していることが分かった。保守管理が原因とみられる大事故にもかかわらず、省独自の調査を見送る方針を示すもので、監督官庁としての姿勢を問われる可能性がある。

 国交省によると、日本道路公団の民営化に伴い05年施行された高速道路株式会社法は、中日本など高速道路6社の事業範囲や会社の運営方法を規定。国交相が高速道の新設や維持管理に問題があるなどと認めた際、営業所に立ち入り検査して帳簿や書類などを調査できるとしている。

 国交省による高速道路会社への立ち入り検査はこれまで一度もない。同省は「中日本に情報提供を求めており、強制的な資料収集まで必要ない」としている。【桐野耕一】