ef81hokutosei.way-nifty.com > 中央道笹子トンネル崩落

日が暮れた後に雪が舞い始めたなか、懸命に救出作業を行う

日が暮れた後に雪が舞い始めたなか、懸命に救出作業を行う

【中央道でトンネル内事故】 中央道・笹子トンネル内で崩落事故が発生。大月側の出口では日が暮れた後に雪が舞い始めたなか、懸命に救出作業を行う=2日午後、山梨県大月市(大橋純人撮影)(写真:産経新聞)

 山梨県の中央自動車道の笹子トンネルで発生した事故は、天井板の崩落という国内で初めてのケースで、複数の死者を出す惨事となった。なぜ崩落は起きたのか。専門家は東日本大震災の影響でひずみが発生した可能性を指摘。天井をつっていた鋼鉄製の金具の腐食が原因につながったとの見方を強めている。

 「天井が『ズドン』と落下し、下敷きになった車から炎が上がった。(天井は)中央で割れてV字のようになっていた」。間一髪で難を逃れた男性会社員(37)はこう証言する。

 中日本高速道路によると、天井は路面から約4・7メートルの高さに位置。強化コンクリート製の天井板をトンネル最上部から延びた直径約2・4センチの金具でつり下げて固定している。

 天井板は1枚の幅が5メートル、奥行き1・2メートル、厚さ8センチで、重さ約1・2トン。道路の中心を境に、左右に1枚ずつ連続して設置され、それぞれの板は金属板で連結。崩落した範囲から推定すると、計約150枚が落下したとみられる。天井板は昭和52年12月のトンネル完成当時から使われていたといい、大手ゼネコンの大成建設と大林組が設置した。