ef81hokutosei.way-nifty.com > 中央道笹子トンネル崩落

中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故

中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故

昨日の雪がうっすら残った中、トンネル内では懸命に救出作業が続く=3日午前、山梨県大月市(大橋純人撮影)(写真:産経新聞)

 【3日未明の救助ドキュメント】

3日午前

 1時00分 東山梨消防本部がワゴン車に到着。救出作業を始めるとともに、中に何人いるかについて確認を進める。車はつぶれて焼けている状態だった

 2時00分 ワゴン車の右側面から救助器具を使って開放したとの情報が東山梨消防本部に入る。運転席に1人、2列目シートの右側に1人、3列目シートの右側に1人がいるのを確認。3人とも全身が激しく焼損していた。ワゴン車の左側はがれきにふさがれ、まだ確認できていない

 2時40分 警察車両がワゴン車の3人を搬送したとの情報が東山梨消防本部に入る。目視でワゴン車の助手席に1人、助手席の真後ろに1人がいることを確認したという

 3時24分 警察車両がワゴン車に残っていた2人を搬送

 3時38分 大月市消防本部の消防隊員2人が乗用車に到着。中に2人がいることを確認した

 3時43分 重機で乗用車に覆いかぶさっていたコンクリート片を除去

 4時00分 大月市消防本部の救助隊員4人が救助活動を開始

 4時40分 大月市消防本部がルーフを切断。2人を確認し、さらにほかに人がいないか確認を進める。1人は運転席、もう1人は助手席にいた。現場に検視官を要請。その後、もう1人を後部座席から発見

 6時20分 乗用車から見つかった3人を県警車両が収容し、搬送。3人とも焼損状態が激しかったという。

 7時00分 東山梨消防本部、大月市消防本部の隊員が目視や棒につけたカメラで崩落現場を確認したところ、ほかに崩落に巻き込まれた車はないとみられるという。トンネル内でさらに崩落する恐れがあるとして、中日本高速道路が午前7時から補強を開始。両消防本部は一部の職員を現場に残し、職員を引き上げさせた。補強作業は午前中いっぱいかかる見込み